アフターピル、アイピル

アフターピルであるアイピルの正しい飲み方などを解説しております。

生理周期を調整することができるアフターピル

生理用品とカレンダー女性は毎月の生理周期がスポーツや旅行などの予定と重なると困ってしまいます。そのような時にアフターピルを服用することで生理周期を調整することができます。アフターピルには月経を早めたり遅らせたり凝る効果があります。月経周期を調整して早めるためには、月経開始後の2~3日目より生理になりたくない日程の10日前までアフターピルを飲みます。そのように服用した後の2~4日目から出血が始まってきます。14日間ほど服用することで生理周期を7~10日間早めることが可能になります。月経周期を遅らせるように調整するには、生理予定日の4~5日前から、生理を遅らせたい日程の最後の日まで飲みます。そのようにアフターピルを服用して止めてから2~4日後に出血が始まってきます。生理予定日が1~2日後とか、3週間以上遅らせることはできませんので、この方法はより確実に体に無理なく生理周期を遅らせることができる方法といえます。ただ、この遅らせる方法は妊娠していないことが条件となっています。このようにアフターピルは、イベントなどと生理が重ならないように生理周期を調整することが可能です。また、アフターピルの効果はこの他にも生理痛の改善や肌荒れ、ニキビの改善にも役立ちます。女性ホルモンのバランスが良くなることで子宮体がんや卵巣がんの予防、子宮内膜症の治療にも用いられています。気になる副作用に関しては、以前は女性ホルモンの配合量が多かったため血栓症や心筋梗塞といった病気になるリスクが懸念されていましたが、最近のピルは女性ホルモン量の配合量が少なくなっています。そのため副作用は大幅に減少していますので、ほとんど心配はいらないといわれています。正しく使用して快適な生活を送りましょう。