アフターピル、アイピル

アフターピルであるアイピルの正しい飲み方などを解説しております。

生理が来ないと心配しなくて良いようアフターピルを飲もう

いくらしっかりと男性がコンドームを装着した上でセックスをしていても、どうしても妊娠してしまう時はしてしまうものです。なぜならコンドーム装着によって得られる避妊効果は僅か94パーセントと言われているからです。そして避妊に失敗してしまった場合、多くの女性は生理がいつまで経っても来ないことに対してやきもきしてしまうことになります。女性にとって、避妊失敗後に生理が来ないと悩むことほど辛いことはないのです。なのでこのように生理が来ないことに対して悩みたくないと思っているのであれば、避妊失敗後にはきちんとアフターピルを飲むことが必要なのです。
アフターピルを服用することで、避妊に失敗したと思われるセックスをしてしまった場合でも、救いを求めることが出来ます。しかしアフターピル服用によって得られる避妊効果はコンドーム装着によって得られる避妊効果に比べてかなり低く、それこそ僅か80パーセント程しかありません。100人中20人の女性はアフターピルを飲んだとしても避妊に失敗してしまうということなのですね。しかし避妊に失敗したセックスをしてしまったからには、もはやアフターピルを服用すること以外に妊娠確率を下げる方法はありません。なのでアフターピルをまずはしっかりと服用し、運を天に任せるしかないと言えるのです。そしてもちろんセックス後72時間以内に服用することを忘れてはなりません。72時間以内に服用してはじめて80パーセントという避妊効果を期待することが出来るのです。なので72時間以内に服用しない場合、そもそも80パーセントの避妊効果ですら期待することが出来なくなるということなので、しっかりと飲まなければいけません。