アフターピル、アイピル

アフターピルであるアイピルの正しい飲み方などを解説しております。

子宮腺筋症治療に適した経口避妊薬、アフターピルとの違い

子宮腺筋症とは子宮筋層に子宮内膜組織が増殖してしまう病気です。通常、子宮内膜組織は排卵後2週間程度で剥がれ落ちて、血液と一緒に体外に排出されます。これが毎月定期的に訪れる生理の仕組みなのです。ただ、子宮腺筋症であった場合、子宮内膜組織と血液を体外に排出しようにもその出口がない状態です。そのため、毎月の生理のたびに古い内膜組織、血液が溜まっていってしまうのです。
子宮腺筋症は生理痛や過多月経を引き起こしますが、症状が進行すれば月経時以外でも痛みが発生したり、将来の不妊症に繋がっていく事もあります。人によっては子宮筋腫などの病気以上に痛みを感じることもあります。そこで早め早めの治療が必要になるのですが、子宮腺筋症の治療として最も活用されているのが経口避妊薬です。
経口避妊薬と一口に言ってもその種類には低用量ピルや中用量ピル、またアフターピルなどといったように色々なものがあります。どれも避妊目的や生理に関する様々なトラブル解消のために用いられることが多いのですが、子宮腺筋症の治療の場合、より長い期間をかけて女性ホルモンの状態を安定させていく必要があります。どちらかというと28日周期の低用量ピル、中用量ピルなどの経口避妊薬を用いていくケースが多いのです。
アフターピルでも女性ホルモンの摂取は可能なのですが、この場合治療目的よりも避妊目的に重点を置いているのでどうしても思うような効果を得られません。アフターピルは、一度に多量の女性ホルモンを摂取して子宮内膜組織を無理やり剥がしていく効果があります。これでは子宮腺筋症の症状を改善することはまずできないので、子宮腺筋症の治療目的で経口避妊薬を使っていきたいという人は注意しておくことをおすすめします。