アフターピル、アイピル

アフターピルであるアイピルの正しい飲み方などを解説しております。

アフターピル服用後のおりものと妊娠検査薬

アフターピルは、なんらかの方法によって避妊を試みたものの失敗をしてしまったか、または、はじめから避妊を忘れてしまったといった場合に、計画外の妊娠を防ぐために服用する緊急避妊薬のことをいいます。このアフターピルにもさまざまな種類がありますが、女性ホルモンを配合し、性行為から72時間以内に一度服用すれば、妊娠阻止の効果が得られるというスタイルのものが一般的です。
このようなアフターピルを服用した場合、受精卵が着床して妊娠するはずの子宮内膜が剥がれ落ちて、体外に排出されるという現象が、人工的に起こされることになります。これも基本的には通常の生理と同様の現象ではありますが、特に人工的という部分での違いから、消退出血ということばで呼ばれています。
妊娠検査薬と体温計アフターピル後の消退出血は、人によって数日から3週間後とまちまちであり、その量についても、普通の生理といっしょである場合もあれば、少量の茶色いおりものが出ているように見える程度といったこともあります。そのため、おりものが出たのに出血がないと不安になる人も少なくはないようです。
おりもの程度に見える場合には、たしかに消退出血ではなく、他の感染症などによる影響の場合もあるため、妊娠検査薬でチェックをするという方法もあります。妊娠検査薬は、妊娠したときに分泌されるhCGと呼ばれる特別なホルモンの量を尿中から把握して、陰性か陽性かを確かめるものです。
ただし、妊娠検査薬は、性行為から少なくとも3週間程度経たないと正確な結果が出ないとされていますので、より早く正確な診断をするためには、やきり産婦人科などの専門機関を受診して、必要な検査を受けるのがよいといえます。