アフターピル、アイピル

アフターピルであるアイピルの正しい飲み方などを解説しております。

アフターピルを服用すると月経前症候群に効果あり

月経前症候群で腰が痛い女性生理が始まる前になると、イライラして落ち着かなくなったり、頭や腰に痛みを感じることがありますが、このような症状のことを月経前症候群といいます。
排卵が終わった後、月経が開始する時期になると、精神が不安定になったり、頭痛や腹痛などの症状が出る女性は少なくありませんが、このような月経前症候群を抑えたいときは、ピルを服用するのが効果的だと考えられています。
低用量ピルを継続服用したことにより、排卵が抑えられ、ホルモン変動が一定化したことで、このような症状に悩まされなくなった方は多いので、試してみるとよいでしょう。
欧米先進国では、月経前症候群を改善できる薬として、ピルを処方している病院もありますから、定期的に服用し、辛い症状を和らげるようにしましょう。

低用量ピルを服用する方の目的は、月経前症候群の改善ではなく、主に避妊対策になりますが、一日でも飲み忘れると効果がなくなるので、性行為を行うと、妊娠する可能性があります。
しかし気づいてすぐにアフターピルを服用すれば、24時間以内なら95%以上の確率で避妊が出来るので安心です。
アフターピルにも月経前症候群や生理痛、大人ニキビなどの改善効果がありますが、低用量ピルに比べると、成分が強いので、毎日飲むのだけは避けてください。
アフターピルはあくまで緊急避妊薬として使用するものなので、月経前症候群や生理痛、大人ニキビなどを改善したいときは、低用量ピルを使いましょう。
アフターピルも低用量ピルも、欲しいときは病院で処方してもらわなければなりませんが、個人輸入代行通販に注文することでも手に入るので、費用を節約したい方にはその方がおすすめです。
まとめ買いすればすれば安くなるので、妊娠したくない女性は購入するようにしてください。