アイピルの正しい飲み方

一般的にピルと呼ばれる薬は、避妊を主な目的として使われます。
ピルの中には、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという女性ホルモンが配合されています。
黄体ホルモンとは、子宮内膜に着床性増殖を引き起こす物質です。
他にも子宮筋の弛緩等といった働きもします。
卵胞ホルモンとは、女性らしさを作る物質です。
思春期頃等に分泌量が多くなります。

ピルはこれらの女性ホルモンの体内での量を人為的に調節する事で、排卵等のタイミングをコントロールして避妊を行ないます。

ピルは大きく2種類に分類する事が出来ます。
低用量ピルと事後ピルの2種類です。

低用量ピルとは、体内における卵胞ホルモン等の女性ホルモンの量を抑制する働きをします。
女性ホルモンの量を少なくする事で、排卵が起こらないようにします。
このピルの「低用量」とは、配合されている女性ホルモンの量が少ないという意味です。
そのため、副作用も少なく安全に使用する事が出来ます。

具体的な服用方法は、月経が始まった日から服用を開始します。
毎日決まった量を服用し続けます。
これを21日間続けて、その後で7日間薬の服用を止めます。
これを1クールとして、繰り返していきます。
低用量ピルは毎日飲む事で、避妊の効果を発揮するので、飲み忘れのないように注意する事が大切です。
代表的な製品としては、トリキュラーやノベノン等があります。

もう1種類の事後ピルとは、モーニングアフターピルとも呼ばれています。
飲み忘れ等によって、避妊に失敗した時に緊急に妊娠を回避するために使われます。
アイピル 飲み方(使用方法)に関しては、性行為後に一刻も早く服用する事が大切です。
性行為から72時間以内に服用する事で効果を発揮します。
ちなみに、72時間以内の服用で75%の有効性がある事が報告されています。

アイピル 飲み方(使用方法)についてもご確認ください。

■確実な避妊をするにはこちらから
経口避妊薬
■事後対策として
ノルレボは買っておくと便利です